View this post on Instagram

今日はスカパラ×SKY-HIでした。 超高速で客席にポジティビティーを浴びせ続ける日高くんのバイブスに、尊敬しか感じなかったな。尊い。彼のラップからは日々の努力と本人が潜ってきた歴史が感じられました。努力する天才は最強だと思う。 俺は個人的に日高くんの、素で幸せ撒き散らす伊達男の一面も知ってるだけに 笑 今日のライブは一際胸熱でした。ステージでは、公の場にふさわしい人間として振る舞いつつも、全ての欺瞞を脱ぎ捨て続けるように魂を曝け出すプロセスを、一つ一つ暴露するようにお客さんと共有する様は、観客を信じきってるな、と思ったし。 自分を信じ、共演者を信じ、スタッフを信じ、お客さんを信じ、魂の殻を脱ぎ続ける者だけがステージに君臨する資格のある者なんだろうな、と勝手に思いました。 いや、ほんとに良かった。共演部分は興奮しっぱなしだったし、アーティスティックな刺激とプリミティブな興奮を感じながら演奏出来たのは最高に幸せでした。ありがとう。ラッパー、シンガーとして最大限の賛辞を送りたいけど、ラッパーとして以前に、人として尊敬するよ。 そしてスカパラメンバー全員が日高くんのことが大好きらしいです。日高くんいなくなった後も興奮してました 笑 #travelingSKAJAMboree

A post shared by 谷中敦 [東京スカパラダイスオーケストラ] (@a.yanaka) on